メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

琵琶湖周航の歌

誕生資料を初公開 飯田さん寄贈、高島市が感謝状 /滋賀

作詞者の小口太郎が心を寄せた女性の手紙が初公開され、飯田忠義さん(右)から説明を受ける滋賀県高島市の福井正明市長=同市の琵琶湖周航の歌資料館で、塚原和俊撮影

 「琵琶湖周航の歌」を研究する飯田忠義さん(79)=京都府長岡京市=が寄贈した資料の展示が28日、高島市の「琵琶湖周航の歌資料館」で始まった。作詞した旧制第三高等学校水上部(現京都大ボート部)の小口太郎の親友が小口をしのんだ手紙や、小口が心を寄せた古里・長野の女性の便りなどが初公開された。

 周航の歌は1917(大正6)年6月28日、小口ら三高クルーが周航途中に…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

  2. 埼玉・戸田中央総合病院のクラスター、感染者310人に 新型コロナ

  3. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  4. 北海道1会場、雪で16日の共通テスト中止 まるごと再試験は共通1次以来初

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです