マクロスシリーズ企画展

アートなマクロス発進 人型ロボや原画350点超 きょうから、手塚治虫記念館 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
初公開される「YF-29デュランダル」の人型形態模型=兵庫県宝塚市武庫川町の市立手塚治虫記念館で、石川勝義撮影
初公開される「YF-29デュランダル」の人型形態模型=兵庫県宝塚市武庫川町の市立手塚治虫記念館で、石川勝義撮影

 1982年のテレビアニメ「超時空要塞(ようさい)マクロス」に始まる「マクロスシリーズ」の企画展「MACROSS(マクロス) THE ART 1982-2018」が29日から宝塚市立手塚治虫記念館(市武庫川町7)で始まる。「劇場版マクロスF」に登場する可変戦闘機「YF-29デュランダル」の人型形態の模型(高さ約2メートル)が初公開され、原画など350点以上が展示される。【石川勝義】

 マクロスシリーズは、戦闘機からロボットに変形する可変戦闘機や宇宙空間を舞台にした戦争の終結に重要な役割を果たす歌、主人公とヒロインたちの三角関係などを描き、長年人気を集めた。「マクロス7」「マクロスF」などがあり、今年2月には最新作「マクロスΔ(デルタ)」の映画が公開された。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文664文字)

あわせて読みたい

注目の特集