メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日書道紙上展

6月度入賞作品 作品に心が見えてくる /奈良

 毎日書道紙上展(毎日新聞奈良支局主催)幼児・小中学生の部の6月度の優秀賞5点と入選20点が決まった。選と評は一般財団法人毎日書道会評議員で、八玄青鏡会代表の藤野北辰さん。(作品紹介は敬称略)

総評

 今回も、子供たちの作品がたくさん届いています。本人に会う以上に、見えてくるものがあるように思えます。そんな気持ちにさせる文字文化こそ書道。手書きの大切さであるとも思います。

 桜姫さんは自分の名前「さ」を、しっかりと持った筆に墨をたっぷり、半紙いっぱいに書きました。筆を運ぶ時も、書き上げた達成感も、幼児ながら思わず「ふー」と息を吐いたように思えました。幾度もそんな体験をして育ってほしいと願います。

この記事は有料記事です。

残り1275文字(全文1573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 収入減世帯の無利子融資 4割が延長 感染拡大で困窮、再延長求める声も

  5. 高橋大輔3位 アイスダンス転向後初の公式戦 フィギュアスケートNHK杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです