メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

スポーツと子供たち=西川恵

 <kin-gon>

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本チームの活躍に「十数年後、僕もW杯のフィールドに絶対立つ」と胸躍らせている子供もいるはずだ。世界的なイベントが子供たちのみずみずしい精神に及ぼすインパクトは計り知れないものがある。

 来年、再来年は日本でラグビーW杯、東京五輪が開かれる。スポーツのイベントでも、そのインパクトはスポーツの領域にとどまらない。イベントのダイナミズムが大きければ大きいほど、そこから滴り落ちるものは多様で、それを自分のものとして受け止める子供も必ずいるからだ。

 少し前のことになるが、「東京五輪2020年」をテーマにした座談会で、アーティストで東京芸大教授(美術学部長)の日比野克彦氏(59)と、建築家の隈研吾氏(63)のやり取りを末席で聞いて、世界的なイベントが子供にもたらすものの大きさを考えさせられたことがあった。

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文1022文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです