メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

須藤桂一さん=「みんなの管理組合」を運営する

須藤桂一(すどう・けいいち)さん(54)

 分譲マンションを購入すると、誰もが輪番制で管理組合の役員を経験する。ノウハウも相談先もないまま、多額の積立金を動かす決断をし、苦情の対応を引き受けなければならない。不安を抱える役員を「迷える子羊」と表現する。

 「同じ悩みを抱える人やアドバイスをしたい専門家とつながれる場を」。2016年、Q&Aサイト「みんなの管理組合」をネット上に開設した。質問の投稿や回答をする無料登録者は今春、1000人を超え、閲覧数は月約2万回に上る。

 20代半ばで家業のペンキ屋を継ぐ。外壁の塗り替え工事を受注したマンションの理事会に出席するうちに、いびつな関係が見えてきた。住民をサポートするはずの管理会社が自社の利益を過剰に優先し、住民が不信を抱いても追及する知識や知恵がない--。「業者と対等に渡り合う手助けをしたい」と19年前、コンサルタント会社を設立し、ノウハウを蓄積した。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです