メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮崎・性的暴行

盗撮ビデオ没収可 最高裁判断

 性犯罪行為を盗撮したビデオテープを裁判所が没収できるかどうかが争われた性的暴行事件の刑事裁判の上告審で、最高裁第1小法廷(小池裕裁判長)は26日付の決定で「被害者に知らせて処罰を求めることを断念させ、刑事責任を免れようとしたと認められ、ビデオは犯罪のために使われたと言える」として没収可能との判断を示した。裁判官5人全員一致の意見。

     盗撮は公共の場であれば迷惑防止条例、相手が18歳未満であれば児童ポルノ禁止法の違反となる可能性があるが、今回の事件はマッサージ店内で成人が撮影されており、罪とならなかった。刑法は殺人事件の凶器など犯罪行為に使われた物を裁判所が没収できると定めるが、起訴されていない盗撮のビデオを没収できるか否かが注目された。最高裁の判断は裁判実務に影響を与えそうだ。

     事件では、女性客5人への強姦(ごうかん)や強制わいせつ罪などで宮崎市の元マッサージ店経営、土屋和朗被告(48)が起訴され、小法廷は同日付の決定で被告側の上告を棄却した。懲役11年とビデオ没収を言い渡した1、2審判決が確定する。

     1審の公判では、弁護人が告訴を取り下げれば盗撮ビデオを処分すると被害者側に持ちかけていたことが明らかになった。弁護側はビデオについて「客とのトラブルに備えて撮影したもの」と説明し、犯罪とは無関係で没収できないとの見解を示していた。【伊藤直孝】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
    2. リニア中央新幹線 「ブッポウソウ」消えリニア関連工事中断 中川村でJR東海 /長野
    3. 富山の教諭 部活指導で過労死認定
    4. 熱中症 3連休14人死亡 豪雨被災地、搬送多数
    5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]