メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

活動方針を議論する御嶽山火山マイスターたち=長野県木曽町三岳支所で2018年6月7日、小川直樹撮影

 死者58人、行方不明者5人を出した2014年9月の御嶽山(おんたけさん)(長野・岐阜県境)噴火災害から間もなく4年。災害の教訓を伝え、地域防災活動のリード役となる人材を育てようと、長野県は今年度から「御嶽山火山マイスター」制度を設けた。目指すのは「火山の防災対策が日本で最も進んでいる地域」。1期生の8人は山シーズンが始まる7月から本格的に活動を開始する。

この記事は有料記事です。

残り1299文字(全文1478文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです