メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京地裁、ゴーン被告の保釈請求再び却下
旧優生保護法を問う

中絶・不妊強制 天から授かった子、喜び暗転 「家族持つ権利奪った」 夫婦が提訴

提訴した北海道の夫婦の手記を手に記者会見する原告弁護団=札幌市中央区で2018年6月28日午前11時57分、竹内幹撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で人工妊娠中絶や不妊手術を強いられ、憲法が保障する幸福追求権やリプロダクティブ・ライツ(性と生殖に関する権利)などを侵害されたとして、北海道の夫婦と熊本県の男性の男女3人が28日、国に総額5500万円の損害賠償を求めて札幌、熊本の両地裁にそれぞれ提訴した。提訴後、夫婦は誰にも言えなかった苦しみをつづった手記を公表、熊本の男性は実名で記者会見に臨み、人生を奪われた悲しみを訴えた。一斉提訴は5月に次ぐ第2陣で、西日本では初。原告は計7人となった。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  2. 「ご説明したい」小室圭さん見解全文
  3. 100円カップで150円ラテ 窃盗容疑で62歳男逮捕 常習か 福岡
  4. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  5. 北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです