メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

中絶・不妊強制 天から授かった子、喜び暗転 「家族持つ権利奪った」 夫婦が提訴

提訴した北海道の夫婦の手記を手に記者会見する原告弁護団=札幌市中央区で2018年6月28日午前11時57分、竹内幹撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で人工妊娠中絶や不妊手術を強いられ、憲法が保障する幸福追求権やリプロダクティブ・ライツ(性と生殖に関する権利)などを侵害されたとして、北海道の夫婦と熊本県の男性の男女3人が28日、国に総額5500万円の損害賠償を求めて札幌、熊本の両地裁にそれぞれ提訴した。提訴後、夫婦は誰にも言えなかった苦しみをつづった手記を公表、熊本の男性は実名で記者会見に臨み、人生を奪われた悲しみを訴えた。一斉提訴は5月に次ぐ第2陣で、西日本では初。原告は計7人となった。

この記事は有料記事です。

残り2088文字(全文2329文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天気 埼玉・熊谷で41.1度 国内観測史上最高
  2. 文科省汚職 「裏口入学ある」伝達 東京医大前理事長
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  5. 天気 大暑 東京・青梅で40.3度 各地で39度超え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]