メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとめサイト

大阪高裁も差別認定 控訴棄却

 ネット上の差別的な書き込みを集めたサイトで名誉を傷つけられたとして、在日朝鮮人の女性が、まとめサイト「保守速報」を運営する男性に2200万円の損害賠償を求めた訴訟で、大阪高裁は28日、200万円の賠償を命じた1審・大阪地裁判決を支持し、男性側の控訴を棄却した。江口とし子裁判長は、1審判決と同様に、まとめサイトによって女性が新たに差別を受けたと認定した。

 訴えたのは大阪府内のフリーライター、李信恵(リシネ)さん(46)。判決によると、男性は2013~1…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文558文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 京アニ火災 「聲の形」「氷菓」岐阜県内の聖地でも悲しみ広がる
  5. 京アニ放火 確保の男「小説盗んだから放火」 一方的な恨みか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです