メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊中絶提訴 子の供養続けた37年 夫婦、涙の訴え

 「2人で子どもを育てたかった」--。28日、旧優生保護法下で人工妊娠中絶と不妊手術を強制された北海道の女性(75)と夫(81)が国家賠償請求訴訟を札幌地裁に起こした。2人が公表した手記には、命を宿した時の喜び、中絶を迫られた悲しみ、手術から現在までの37年間口にすることさえできなかった苦しみがつづられていた。一方、熊本地裁に提訴した渡辺数美さん(73)は実名を明かして国と闘う決意を語った。【日下部元美、清水晃平】

 「手術された当事者と同様にその家族も被害者だ」。北海道の夫婦の弁護団が提訴後に札幌市内で開いた記者…

この記事は有料記事です。

残り1677文字(全文1936文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  5. トランプ氏「これで私は終わりだ」 司法妨害の疑い言及 米ロシア疑惑報告書

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです