メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象徴として

第2部 共に歩む/上 「平成流」被災地訪問 若き日から重き務め

 避難生活が1年に及び、生まれ育った島に帰るめどは立たない。そんなある日、サプライズが起きた。

 2001年8月、伊豆諸島・三宅島(東京都)の噴火で静岡県下田市に避難し、借家住まいをしていた池田弘子さん(51)は早朝、訪問客を知らせる近所の人の声で目が覚めた。ドアを開けると優しくほほ笑む天皇、皇后両陛下と紀宮さま(黒田清子さん)の姿があった。弘子さんの長女実央(みお)さん(24)は当時7歳で小学2年生。母に背負われた少女に皇后さまは話した。「ごめんね。起こすつもりはなかったのよ」

 その前日、避難生活を送る島民を励ますため、両陛下は下田臨海学園を訪問された。実央さんは「今度、うち…

この記事は有料記事です。

残り1144文字(全文1435文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 渓流釣り中 クマ襲撃、空手高段者 目つぶしで撃退 群馬

  3. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  4. ネカフェ生活6年の男性に重い2% また路上生活か…とかすむ夢

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです