メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

強制不妊、熊本の男性提訴 実名公表「国は謝罪を」 原告計7人に

 旧優生保護法(1948~96年)下で人工妊娠中絶や不妊手術を強いられ、憲法が保障する幸福追求権やリプロダクティブ・ライツ(性と生殖に関する権利)などを侵害されたとして、北海道の夫婦と熊本県の男性の男女3人が28日、国に総額5500万円の損害賠償を求めて札幌、熊本の両地裁にそれぞれ提訴した。一斉提訴は5月に次ぐ第2陣で、西日本では初。原告は計7人となった。【安達恒太郎、清水晃平】

 中絶と不妊を同時に受けた被害者の請求は初めてのケースで、この北海道の女性(75)の夫(81)も家族…

この記事は有料記事です。

残り1291文字(全文1532文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです