メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

芥川賞候補

北条さん小説、他作品と類似表現 出版元謝罪

 第159回芥川賞候補作になっている新人作家、北条裕子さん(32)の小説「美しい顔」(「群像」6月号掲載)の文章表現が、別のノンフィクション作品などと類似した点が複数あるとして、「群像」を発行する講談社(東京)はおわび文を7月6日発売の最新号に掲載する方針を決めた。類似点がある作品をはじめ、参考文献を改めて明示するという。関係先には既に謝罪した。芥川賞の選考会は同月18日に開催。賞を主催する日本文学振興会は「現在対応を検討中」としている。

 講談社などによると、2011年の石井光太さんのルポルタージュ「遺体-震災、津波の果てに-」(新潮社)に似ていた。「美しい顔」の遺体安置所の場面描写では「その横に名前、身長、体重、所持品、手術跡といったことが書いてある」などと似た表現がある。またその後の警察官の「今日までに見つかっている遺体はこれがすべてです」という言葉も同じだった。

 講談社内の確認で類似点が発覚した。同社の編集者は「新人作家の作品に対して確認不足だった」としている。

 石井さんは謝罪を受けたことを明かした上で、新潮社を通じて「誠意ある対応を望んでいます」とコメント。同社編集部は「参考文献として記載して解決する問題ではない。修正を含め、引き続き対応を求めていく」という。

 「美しい顔」は東日本大震災被災地が舞台で、肉親を失った女子高生の一人称の物語。公募の群像新人文学賞受賞作として掲載され、北条さんのデビュー作にあたる。新人賞選考会や多くの評論で「震災を真正面から描いた」などと絶賛されている。北条さんは震災の被災地には行ったことがないと説明していた。【大原一城】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]