芥川賞候補

北条さん小説、他作品と類似表現 出版元謝罪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第159回芥川賞候補作になっている新人作家、北条裕子さん(32)の小説「美しい顔」(「群像」6月号掲載)の文章表現が、別のノンフィクション作品などと類似した点が複数あるとして、「群像」を発行する講談社(東京)はおわび文を7月6日発売の最新号に掲載する方針を決めた。類似点がある作品をはじめ、参考文献を改めて明示するという。関係先には既に謝罪した。芥川賞の選考会は同月18日に開催。賞を主催する日本文学振興会は「現在対応を検討中」としている。

 講談社などによると、2011年の石井光太さんのルポルタージュ「遺体-震災、津波の果てに-」(新潮社)に似ていた。「美しい顔」の遺体安置所の場面描写では「その横に名前、身長、体重、所持品、手術跡といったことが書いてある」などと似た表現がある。またその後の警察官の「今日までに見つかっている遺体はこれがすべてです」という言葉も同じだった。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文690文字)

あわせて読みたい

注目の特集