特集

サッカー日本代表

ワールドカップ2022カタール大会出場を決めたサッカー日本代表。代表戦のテキスト速報や最新のニュースをお届けします。

特集一覧

サッカー日本代表

時間稼ぎ 本田「酷だ」大迫は「普通」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
決勝トーナメント進出を決め、本田(中央)と喜び合う岡崎=ロシア・ボルゴグラードで2018年6月28日、長谷川直亮撮影
決勝トーナメント進出を決め、本田(中央)と喜び合う岡崎=ロシア・ボルゴグラードで2018年6月28日、長谷川直亮撮影

 【ボルゴグラード(ロシア)丹下友紀子】「普通のこと」「出ている選手には酷だった」--。サッカー・ワールドカップ(W杯)で日本代表は28日、ポーランドに敗れながら、決勝トーナメント進出を決めた。試合が終わった瞬間も選手たちはさほど喜ばず、淡々としていた。試合に敗れた上、終盤は得点を狙うこともやめてしまい、戦った選手たちも複雑な思いを抱いた試合となった。

 目の前の勝負より1次リーグ突破を優先し、同時に行われていた試合でセネガルがコロンビアに1点リードされていたことも踏まえて、後ろでのボール回しに徹した日本。セネガルと勝ち点、得失点差、得点数とも並べば警告(イエローカード)の比較になるため、激しいプレーをしてさらに警告を受けないための策でもあった。

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文1011文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集