メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽

「もぐらたたきのような人」 27歳歌手は昭和育ち

「ピコピコハンマー」を振って歌う町あかりさん。この後行われた夜の部では、真っ赤な衣装を身につけた=町あかりさん提供

 「もぐらたたき もぐらたたき もぐらたたきのような人」。クスッと笑ってしまう言葉選びや、ジャンルにとらわれないメロディーでポップソングを生んでいる27歳のシンガー・ソングライター、町あかりさん。10代で好きになった昭和歌謡からの影響を受けつつ、ファンからは「誰もやらないような音楽」と評価を受ける。2015年のメジャーデビュー曲で代表曲でもある「もぐらたたきのような人」は、5月に電気グルーヴの石野卓球さんがテクノ調にリミックスして話題になった。真っ赤な衣装でピコピコハンマーを振り、「殿さまキングスの『なみだの操』にあこがれる」と話す彼女は、一体どんな人?【中嶋真希】

 イジワルもぐらが 私の隙をついて いろんなとこから顔を出すの

この記事は有料記事です。

残り2245文字(全文2562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. 和解のために 2021 2)変わりうる「ファクト」とは 「帝国の慰安婦」著者が指摘、「学問の政治化」

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです