スマホ市場

シャープ2位浮上 機種絞り込み奏功

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国内スマートフォン市場の勢力図に変化が起きている。2017年度のシェアは、前年度まで4年連続で2位だったソニーが3位に後退し、シャープが僅差で2位に浮上した。機種を絞り込んで分かりやすくし、廉価型は安く生産できるグループ企業に委託先を変えたことが功を奏した。今夏は新機種を投入して、1位に君臨する米アップルのiPhone(アイフォーン)に挑む。

 調査会社のMM総研によると、17年度の国内スマホ出荷台数のシェアは、(1)アップル49.9%(前年度52.7%)(2)シャープ12.6%(9.3%)(3)ソニー12.5%(15.2%)。シャープが3.3ポイント上昇した一方、ソニーは2.7ポイント下落した。シャープが2位になるのは6年ぶり。

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文1018文字)

あわせて読みたい

注目の特集