メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

3病院

「肝硬変」新薬治験開始へ 線維化溶かす物質投与

肝硬変を発症した肝臓の様子=東京都立駒込病院提供

都立駒込病院と九大病院などの研究グループが7月から

 今は移植手術しか治療法がない肝硬変を治す新薬の臨床試験(治験)を、東京都立駒込病院と九州大病院、国立国際医療研究センター国府台病院の研究グループが7月から始める。「線維化」と呼ばれる硬くなった組織を溶かす可能性のある物質を患者に投与し、有効性と安全性を調べる。5年以内の承認を目指すという。

 肝硬変はウイルス感染による肝炎などを経て発症し、さらに進行すると肝がんになる。近年、肝炎は薬の開発…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文645文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです