メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮崎・性犯罪事件

盗撮ビデオの没収可能確定へ 最高裁

 性犯罪行為を盗撮したビデオテープを裁判所が没収できるかどうかが争われた性的暴行事件の刑事裁判の上告審で、最高裁第1小法廷(小池裕裁判長)は26日付の決定で「隠し撮りを被害者に知らせて処罰を求めることを断念させ、刑事責任を免れようとしたと認められ、ビデオは犯罪のために使われたと言える」として没収可能との判断を示した。裁判官5人全員一致の意見。

 盗撮は公共の場であれば迷惑防止条例、相手が18歳未満であれば児童ポルノ禁止法の違反となる可能性があるが、今回の事件はマッサージ店内で成人が撮影されており、罪とならなかった。刑法は殺人事件の凶器など犯罪行為に使われた物を裁判所が没収できると定めるが、起訴されていない盗撮のビデオを没収できるか否かが注目された。最高裁の判断は裁判実務に影響を与えそうだ。

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  3. 安倍前首相「新薬で体調良好」 細田派パーティーに出席 辞任後初の公の場

  4. 志村けんさん像設置へクラウドファンディング 東京・東村山市、目標2400万円

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです