メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

会場地は第二次大戦の激戦地

 サッカーW杯ロシア大会で日本-ポーランド戦の会場地ボルゴグラードは、モスクワから南南東約900キロの位置にある都市。かつては旧ソ連の最高指導者スターリンの名を冠してスターリングラードと呼ばれた。1942年、第二次世界大戦の独ソ戦の「スターリングラード攻防戦」で民間人を含め多くの死者を出した激戦地でもある。

 ボルゴグラードの復興の象徴がサッカーだった。43年2月2日にスターリングラード攻防戦が終結。その年…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  2. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  5. NGT48暴行問題会見 一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです