メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eスポーツ

プロゲーマー・けんつめし ゲームの才能で未来切り開きたい

試合に勝利し安堵の表情を浮かべるけんつめし選手=ソウルで2018年6月2日、平野啓輔撮影

 対戦型のコンピューターゲームで腕前を競う「eスポーツ」。今年は元年と呼ばれ、プロライセンスの発行や、8月に開催されるジャカルタ・アジア大会で公開競技に採用されるなどの活発な動きを見せている。一方、プロゲーマーがどんな存在なのかはまだあまり知られていない。その実像に迫るべく、モバイルゲーム「クラッシュ・ロワイヤル」(クラロワ)のプロゲーマー“けんつめし”こと太田研人さん(19)に話を聞いた。【平野啓輔、兵頭和行】

 --プロゲーマーになる前は?

 クラロワを始めた2年前はまだ高校生で、ゲームが少しうまいやつという存在でした。進学校だったので漠然と国公立大を志望していたのですが、将来のビジョンがなくて、進路に悩んでいた。何となく大学に進学しても、4年間ただ無難に生きているだけになると思ってしまった。結局、料理が好きだったので調理の専門学校に進んだのですが、2017年6月に行われたアジアカップで3位に入ったことで、ゲームの道に進みたいという思…

この記事は有料記事です。

残り3076文字(全文3499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

  5. 首相の被爆地あいさつ「文面が酷似」と怒りの声 官邸HP掲載の全文と同じ構成・表現

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです