メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民間ロケット

ホリエモンロケット爆発 2号機、打ち上げ4秒後

打ち上げ直後に落下し、爆発する小型ロケットMOMO2号機=北海道大樹町で2018年6月30日午前、インターステラテクノロジズ提供の動画から

 北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は30日午前5時半ごろ、自社開発した小型ロケットMOMO(モモ)2号機を同町の実験場から打ち上げたが、直後に機体は推進力を失い下部から落下して爆発、炎上した。けが人はなかった。

 稲川貴大社長は記者会見し、ロケットは打ち上げの4秒後に推進力を失ったとした上で「メインエンジンに何らかのトラブルが起きた」との見方を示した。打ち上げ時のデータなどを分析し、原因究明を進める。

 昨年7月の1号機に続いての失敗となり、民間による宇宙開発の難しさが浮き彫りになった。宇宙空間とされ…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文809文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  2. 質問なるほドリ リュウグウ、どんな小惑星? 炭素多く含む 「はやぶさ2」有機物採取へ=回答・池田知広
  3. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  4. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  5. 高層ビルで「湯ったり」 若い女性をメインターゲット

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです