メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民間ロケット

ホリエモンロケット爆発 2号機、打ち上げ4秒後

打ち上げ直後に落下し、爆発する小型ロケットMOMO2号機=北海道大樹町で2018年6月30日午前、インターステラテクノロジズ提供の動画から

 北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は30日午前5時半ごろ、自社開発した小型ロケットMOMO(モモ)2号機を同町の実験場から打ち上げたが、直後に機体は推進力を失い下部から落下して爆発、炎上した。けが人はなかった。

 稲川貴大社長は記者会見し、ロケットは打ち上げの4秒後に推進力を失ったとした上で「メインエンジンに何らかのトラブルが起きた」との見方を示した。打ち上げ時のデータなどを分析し、原因究明を進める。

 昨年7月の1号機に続いての失敗となり、民間による宇宙開発の難しさが浮き彫りになった。宇宙空間とされ…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文809文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. 川に乗用車転落 車内の3人死亡 家族か 広島

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです