メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

仙台市、94人分の資料確認 手術受けた可能性 /宮城

 障害者への強制不妊手術を認めてきた旧優生保護法(1948~96年)を巡り、仙台市は29日、強制手術の必要性を対象者に知らせる「優生手術適否決定通知書」の写しなど、手術を受けた可能性のある94人分の資料を確認したとする調査結果を発表した。市は同日、国に調査結果を報告した。

 市は4月25日に厚生労働省から調査依頼を受け、市内の障害者総合支援センターや各区保健福祉センターなど11カ所に保管された資料を調査。「手術実施報告書」など手術の直接記録は見つからなかったが、94人分の個…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「第3波ど真ん中の法改正は危険」 関谷直也・東京大大学院情報学環准教授

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです