メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

仙台市、94人分の資料確認 手術受けた可能性 /宮城

 障害者への強制不妊手術を認めてきた旧優生保護法(1948~96年)を巡り、仙台市は29日、強制手術の必要性を対象者に知らせる「優生手術適否決定通知書」の写しなど、手術を受けた可能性のある94人分の資料を確認したとする調査結果を発表した。市は同日、国に調査結果を報告した。

 市は4月25日に厚生労働省から調査依頼を受け、市内の障害者総合支援センターや各区保健福祉センターなど11カ所に保管された資料を調査。「手術実施報告書」など手術の直接記録は見つからなかったが、94人分の個…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文597文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 文科省汚職 「裏口入学ある」伝達 東京医大前理事長
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 気になる!保育所 おむつ処分 予算がない?
  4. ワンピース 「食戟のソーマ」チームがサンジ描く! ジャンプで連載21周年特集
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]