メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ペーパーレス大作戦

市民のごみ量全国トップクラスの福島市 今年度、役所全体に拡大 /福島

 人口10万人以上の都市で市民1人当たりのごみの排出量が全国トップクラスの福島市は、市役所の業務で使う資料を紙ではなくタブレット端末で共有することで、ごみの削減につなげる「ペーパーレス大作戦」に取り組んでいる。昨年度から始めた庁議(幹部会議)のペーパーレス化は定着しており、今年度は市役所全体に広げる考えだ。市は6~12月を「集中取り組み期間」として、昨年度比10%のごみ削減を目指している。【宮崎稔樹】

 環境省の「一般廃棄物処理実態調査」などによると、福島市民1人当たりの1日のごみ排出量は、2010年…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都立高部活 顧問教諭の動作で前歯2本折れ 元女子生徒が提訴

  2. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  3. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  4. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  5. 交通安全願い製作 高校生がキーホルダー /三重

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです