メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊豆半島ジオパーク

給食牛乳パックに知識 丹那小でお披露目 函南東部農協 /静岡

 伊豆半島ジオパークの世界ジオパーク認定を受け、函南東部農業協同組合(函南町丹那)は、主に県東部の学校給食用に生産する200ミリリットル入り丹那牛乳のパッケージに、ジオサイトなどの知識を学べる小話を掲載した。26日から提供を始め、29日に函南町立丹那小学校でお披露目セレモニーがあった。

     小話は、伊豆半島ジオパーク推進協議会が作成した「本州では伊豆半島だけがフィリピン海プレートの上にあって、今も年に約4センチ北に動いています」など全16種類。理解しやすいよう小学4年生までの漢字で表記した。

     5年生の教室で給食時間にあったセレモニーでは、同農協の片野敏和組合長が「認定はすごいこと。毎日ちゃんと読んで、この地域が素晴らしいところだと知ってほしい」とあいさつ。渡辺澪さん(11)は「丹那断層など伊豆半島の歴史を知ることができる」と笑顔で話した。

     同農協によると、牛乳は県東部6市4町159校の給食で提供されており、1日約5万本が消費される。【垂水友里香】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
    2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
    3. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
    4. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!
    5. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]