メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

強制手術、4割未成年 89人の内訳発表 「同意」は48人 /京都

 府は29日、旧優生保護法(1948~96年)に基づく府内の不妊手術の実態調査について結果を公表した。本人の同意がない強制手術を受けたのは89人、本人や配偶者の同意がある手術を受けたのは48人だった。同意手術の人数は府が初めて公表し、同法では手術が認められない未成年者も2人含まれていた。強制不妊手術では20歳未満が35人と最も多く、未成年者が約4割を占めていた実態が明らかになった。

 調査は厚生労働省の全国調査の一環で、1954~96年の京都衛生統計年報などの統計資料を集計した。強…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文659文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです