図書館

安藤忠雄さん設計「こども本の森」、寄付3億円集まる 大阪市、来秋開館目指す /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 建築家の安藤忠雄さんが設計を手がけ、大阪市に寄贈する予定の子ども向けの図書館「こども本の森 中之島(仮称)」について、市は、開館準備費や運営費として地元企業や市民から計約3億円の寄付金が集まったと明らかにした。市が管理する中之島公園(北区)の敷地内に図書館を建設する計画で、今年秋ごろに着工し、来年秋の開館を目指す。【真野敏幸】

 27日に市役所であった開館準備プロジェクト会議で、図書館の施設基本方針案が了承された。基本方針案によると、施設は鉄筋コンクリート造り地上3階建て、延べ床面積約800平方メートル。大きな吹き抜けを囲うような壁一面に本棚を設置するデザインが特徴だ。乳幼児から中学生向けの児童書を中心に2万5000冊を並べる。

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文585文字)

あわせて読みたい

注目の特集