メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪北部地震

どうする?災害時の備え 神戸で振り返る会 帰宅難民や水の確保、体験から問題点語る /兵庫

被災地NGO恊働センターで大阪北部地震での体験を語り合う人たち=神戸市兵庫区で、井上元宏撮影

 神戸市兵庫区の「被災地NGO恊働センター」が28日夜、大学生や会社員らと「大阪北部地震を振り返ろう寺子屋」を開いた。参加した約20人は大都市の地震に対するもろさを痛感し「無理して出勤して帰宅難民になる人もいた」と疑問を語り、普段の備えの大切さを語り合った。【井上元宏】

 地震は18日午前7時58分に発生。東大阪市に住む会社員、市井利依さん(58)は大阪市中央区に車で出勤する途中だった。地下鉄出口から人々がわき出て、中には転ぶ人も。高層マンションのエレベーターは大半が夕方まで停止し、お年寄りは外出できなくなった。「みんなとりつかれたように会社に出て、夜、帰宅できなくなっていた。休んでもいいん…

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文746文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです