メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フッ素

飲用井戸から 神石小、給食取りやめ 神石高原 /広島

 神石高原町は29日、町神石支所(同町高光)と町立神石小(同町福永、児童67人)で飲用に使用している井戸の水から、環境基準(1リットルあたり0・8ミリグラム以下)を超える2・8ミリグラムのフッ素が検出されたと発表した。神石小は給食の校内調理に井戸水を使用しており、29日から給食の提供を取りやめ、昼食を弁当に切り替えた。

 町教委によると、近くの町立保育所などの飲用井戸で5月に環境基準を上回るヒ素が検出されたことから、町の飲用井戸を対象にヒ素などの項目を含む水質調査を臨時に実施。28日に結果が判明したという。

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 眞子さま29歳に 延期の挙式、宮内庁「何らかの発表はあろうかと」

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです