メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成筑豊鉄道

3期ぶり赤字 河合社長就任後、初の決算 旅客収入増も原油高響く /福岡

 県や田川市などの第三セクター「平成筑豊鉄道」(本社・福智町)は29日、2017年度の決算を発表した。受託運営する門司港レトロ観光線(北九州市)を除く地盤3路線の旅客数は156万人(前期比99・8%)と沿線人口が減少する中で健闘したが、原油の高騰で燃料費がかさみ、3期ぶりの赤字決算となった。昨年10月の就任後初の決算発表に臨んだ河合賢一社長は「大変、申し訳ない」と述べた。

 観光線を含む旅客運賃収入は2億9931万円(前期比101・2%)。企画商品の1日乗り放題切符が12…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  3. 滋賀湖東事件の再審開始が確定 最高裁 元看護助手の全面無罪の公算大
  4. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道
  5. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです