メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成筑豊鉄道

3期ぶり赤字 河合社長就任後、初の決算 旅客収入増も原油高響く /福岡

 県や田川市などの第三セクター「平成筑豊鉄道」(本社・福智町)は29日、2017年度の決算を発表した。受託運営する門司港レトロ観光線(北九州市)を除く地盤3路線の旅客数は156万人(前期比99・8%)と沿線人口が減少する中で健闘したが、原油の高騰で燃料費がかさみ、3期ぶりの赤字決算となった。昨年10月の就任後初の決算発表に臨んだ河合賢一社長は「大変、申し訳ない」と述べた。

 観光線を含む旅客運賃収入は2億9931万円(前期比101・2%)。企画商品の1日乗り放題切符が12…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文488文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです