県教委の教員採用汚職

2訴訟確定 「なぜ判断異なる」 敗訴側、最高裁決定に怒り /大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2008年に発覚した教員採用試験を巡る県教育委員会の汚職事件で、不正に合格したとして採用を取り消された男性2人が処分の撤回を求めた訴訟の上告は、いずれも棄却された。一方は処分撤回を認め、もう一方は認めなかった高裁判決は、最高裁の決定で判断が分かれたまま確定することになる。敗訴した弁護団は「なぜ両訴訟の判断が異なったのか全く理解できず、最高裁に対する信頼を揺るがす判断だ」と怒りをあらわにした。

 2人は、不正合格者として採用を取り消された元中学校臨時講師と元小学校臨時講師の秦聖一郎さん(32)。元中学校臨時講師は2009年2月に提訴。15年2月の1審判決は、県に33万円の賠償を命じたうえ、「不正な加点がされていたが、口利きの経緯が不明確で採用取り消しは違法」と判断した。県側は控訴したが、福岡高裁に棄却されたため、県側が上告していた。

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文810文字)

あわせて読みたい

注目の特集