メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県教委の教員採用汚職

2訴訟確定 「なぜ判断異なる」 敗訴側、最高裁決定に怒り /大分

 2008年に発覚した教員採用試験を巡る県教育委員会の汚職事件で、不正に合格したとして採用を取り消された男性2人が処分の撤回を求めた訴訟の上告は、いずれも棄却された。一方は処分撤回を認め、もう一方は認めなかった高裁判決は、最高裁の決定で判断が分かれたまま確定することになる。敗訴した弁護団は「なぜ両訴訟の判断が異なったのか全く理解できず、最高裁に対する信頼を揺るがす判断だ」と怒りをあらわにした。

 2人は、不正合格者として採用を取り消された元中学校臨時講師と元小学校臨時講師の秦聖一郎さん(32)…

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文810文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  4. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです