メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州いきものがたり

~動物園の舞台裏~/10止 経営環境 活路開く努力続く 寄付や企画など、リピーター獲得へ /宮崎

 「動物を間近に見ることで本当の大きさや動きが分かる。娘にはとてもいい経験です」。平川動物公園(鹿児島市)に2歳の長女を連れてきた藤原真帆さん(37)はほほえんだ。2人の目の前ではニホンザルが元気いっぱい動き回っている。

 レジャーの多様化や少子化が進み、動物園の入園者は1970~80年代に比べ低迷している。平川もコアラブームに沸いた1985年度は約91万人が入園したが、近年は50万人台で推移。熊本市動植物園は89年度の287万人から2015年度は75万人、宮崎市フェニックス自然動物園も79年度の73万人から昨年度は33万人台に減った。

 経営環境は厳しさを増している。熊本市動植物園は人件費や施設維持費などの年間運営費を入園者数で割ると…

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文1031文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 最長政権 /4 正念場の領土、拉致

  4. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです