働き方改革関連法

成立 高プロ、来年4月導入

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府が今国会の最重要課題と位置付けた働き方改革関連法が、29日の参院本会議で自民、公明両党と日本維新の会、希望の党などの賛成多数で可決、成立した。青天井だった残業時間に初めて罰則付きの上限規制が設けられ、非正規労働者の待遇改善を図る「同一労働同一賃金」も盛り込まれた。一方、長時間労働を助長するとして批判があった「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)は2019年4月から導入されることになった。【神足俊輔、古川宗】

 高プロは、高収入の一部専門職を労働時間規制から完全に外す制度。国民民主党の浜口誠氏は、参院本会議の反対討論で「高プロは、長時間労働や過労死への懸念が極めて大きく、労働者保護の観点からは絶対に導入してはならない。削除すべきだ」と訴えた。一方、賛成討論に立った自民党の園田修光氏は「時間ではなく成果で評価される制度が必要だ。活力ある日本経済のためにも、付加価値を生み出す働き方も必要だ」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文767文字)

あわせて読みたい

注目の特集