メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

労働時間規制なくす「高プロ」 監督・指導に限界 条文あいまい 対象拡大、根強い懸念

高度プロフェッショナル制度とは?

 働き方改革関連法に盛り込まれた「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)は、労働法制上、初めて労働時間規制をなくす制度だ。高収入の一部専門職が対象となるが、政府の言う「自由な働き方」の実現より、長時間労働につながるとの懸念は根強い。労働者が不利な立場に追い込まれないよう、議論すべき課題は多い。

 高プロには、労働基準監督署の監督官からも「労働者を守れない」との声が上がっている。「どれだけ長時間労働をさせられていても、労働基準法違反を指摘できないことがある」。関東地方の労基署に所属する監督官は憤る。

 労基法は労働時間の原則を「1日8時間、週40時間」と定め、これを超えて働かせた場合に割増賃金の支払…

この記事は有料記事です。

残り1883文字(全文2183文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、再戦で成長の跡 対バーランダー
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]