メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

労働時間規制なくす「高プロ」 監督・指導に限界 条文あいまい 対象拡大、根強い懸念

高度プロフェッショナル制度とは?

 働き方改革関連法に盛り込まれた「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)は、労働法制上、初めて労働時間規制をなくす制度だ。高収入の一部専門職が対象となるが、政府の言う「自由な働き方」の実現より、長時間労働につながるとの懸念は根強い。労働者が不利な立場に追い込まれないよう、議論すべき課題は多い。

 高プロには、労働基準監督署の監督官からも「労働者を守れない」との声が上がっている。「どれだけ長時間労働をさせられていても、労働基準法違反を指摘できないことがある」。関東地方の労基署に所属する監督官は憤る。

 労基法は労働時間の原則を「1日8時間、週40時間」と定め、これを超えて働かせた場合に割増賃金の支払…

この記事は有料記事です。

残り1883文字(全文2183文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  3. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  4. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  5. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです