メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
経済観測

スマート農業の課題 誰のための改革か=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

 政府は6月15日、未来投資戦略2018と、経済財政運営と改革の基本方針2018(骨太方針)を閣議決定した。超情報化社会を目指す戦略的な取り組みとして、農業分野でも人工知能(AI)やロボット、IoT(モノのインターネット)など、情報通信技術(ICT)を活用した変革をうたっている。農業のスマート化は競争力強化を加速するための有力なツールで、農業界の期待も大きい。ただ、新技術の導入はあくまでも手段であり、問われるべきは誰のため、何のための改革かという点であろう。

 農業経営には社会的生産単位と私的収益単位という二つの性格がある。新技術も鳥獣害対策や農業水利システ…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文719文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです