メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銭湯百景

/6 受け継がれるペンキ絵

女湯に描かれた「三保松原」=東京都八王子市の「福の湯」で、川畑さおり撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 銭湯の浴場の壁にペンキで描かれている富士山や湖の絵。広い湯船につかりながら眺める壮大な「景色」は、多くの人を楽しませてきた。現在、このペンキ絵を描く銭湯絵師は3人しかいない。だが、新たに絵師を目指す若者が現れ、その技術は受け継がれようとしている。

 ●リアルな富士山

 今月中旬、東京都八王子市の「福の湯」。頭に白いタオルを巻いた銭湯絵師の丸山清人さん(82)がはしごに足をかけ、ローラーを使って壁の最上部を水色に塗り始めた。最初に空を描き、だんだん下へ下りていく。使うペンキは赤、青、黄、白、紺の5色。前回描いた絵の上にチョークで簡単な下描きをし、そのまま新たな風景を描いていく。丸山さんは現役の銭湯絵師で最高齢。身長160センチの小柄な体を目いっぱい使って巨大な風景画を描いていく姿は力強い。

 年季の入った木のパレットでペンキを少しずつ混ぜ合わせて緑や茶色を作り、10本以上のハケを使い分けな…

この記事は有料記事です。

残り1727文字(全文2140文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  2. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  3. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  4. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです