メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銭湯百景

/6 受け継がれるペンキ絵

女湯に描かれた「三保松原」=東京都八王子市の「福の湯」で、川畑さおり撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 銭湯の浴場の壁にペンキで描かれている富士山や湖の絵。広い湯船につかりながら眺める壮大な「景色」は、多くの人を楽しませてきた。現在、このペンキ絵を描く銭湯絵師は3人しかいない。だが、新たに絵師を目指す若者が現れ、その技術は受け継がれようとしている。

 ●リアルな富士山

 今月中旬、東京都八王子市の「福の湯」。頭に白いタオルを巻いた銭湯絵師の丸山清人さん(82)がはしごに足をかけ、ローラーを使って壁の最上部を水色に塗り始めた。最初に空を描き、だんだん下へ下りていく。使うペンキは赤、青、黄、白、紺の5色。前回描いた絵の上にチョークで簡単な下描きをし、そのまま新たな風景を描いていく。丸山さんは現役の銭湯絵師で最高齢。身長160センチの小柄な体を目いっぱい使って巨大な風景画を描いていく姿は力強い。

 年季の入った木のパレットでペンキを少しずつ混ぜ合わせて緑や茶色を作り、10本以上のハケを使い分けながら山の裾野や水面に色の濃淡や明暗をつける。この遠近感を出すためのグラデーションが難しい。定休日の店に朝から滞在し、途中休憩を挟みながら8時間以上かけて男湯に「野尻湖」、女湯には駿河湾から富士山を望む「三保松原」を描いた。福の湯は1955年から60年以上担当している。毎年描き替えていたが、今回は2年…

この記事は有料記事です。

残り1577文字(全文2140文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  3. イオン、就業時間中は全面禁煙に 従業員45万人対象 「卒煙」支援も

  4. ORICON NEWS ジャングルポケット・斉藤慎二、新型コロナ感染 相方おたけ&太田博久は陰性

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです