メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

GPシリーズ 羽生、復活期す 第3、5戦エントリー

平昌五輪のフィギュアスケート男子フリーの演技を終え、右足首をいたわる羽生=手塚耕一郎撮影

 国際スケート連盟は28日、フィギュアスケートの来季グランプリ(GP)シリーズ出場選手を発表した。2月の平昌五輪で連覇を果たした男子の羽生結弦(ANA)は中国杯の代替開催となる第3戦のフィンランド大会(11月2~4日、ヘルシンキ)と第5戦のロシア杯(同16~18日、モスクワ)にエントリーした。

 羽生にとって、連覇して初めてのシーズン。ルールが大幅に改正されるこのシーズンで、昨秋に負った右足首の負傷から回復途上にある羽生が、どのような戦略でライバルと戦うか、また、どこまで状態を戻せるか、注目される。

 同五輪男子銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)は、第2戦のスケートカナダ(10月26~28日、ラバル…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

  5. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです