メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本因坊戦

山下が右上隅小目に第1着 第5局始まる

 本因坊文裕(もんゆう)(29)=井山裕太九段=に山下敬吾九段(39)が挑戦、文裕の3勝1敗で迎えた第73期本因坊決定戦七番勝負第5局(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催、大和証券グループ協賛、福島民報社など協力)が30日、福島県会津若松市の旅館「今昔亭」で始まった。文裕が7連覇へあと1勝に迫り、山下が流れを変えるか注目される。

 前日、激しい夕立があったが、この日は朝から雲一つない青空が広がり、夏の日差しとなっている。今昔亭では、15日と17日に会津中央病院・女流立葵杯第1局、第2局が行われ、立て続けに囲碁の棋戦が打たれている。 定刻の午前9時、立会の片岡聡九段が「時間になりましたので、始めてください」と声を掛け、黒番の山下が右上隅小目に第1着を打ち下ろした。

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 知事、米軍に感染者数公表、一部封鎖求める

  2. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  5. 冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北の酒井さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです