メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

うるま女性殺害

日米政府、遺族への見舞金支払いで合意

 沖縄県うるま市で2016年4月に女性会社員(当時20歳)が暴行、殺害された事件を巡り、日米両政府は29日、元米軍属の男性被告(34)が裁判で命じられた損害賠償額に相当する見舞金を遺族に支払うことで合意した。河野太郎外相とマティス米国防長官が同日の会談で確認した。米側は「自発的、人道的な支払い」として一定額を負担し、賠償額との差額は防…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです