公明

参院選改革で対案 全国11選挙区に再編、比例廃止

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 公明党は29日、参院定数を維持した上で参院選を全国11ブロックの大選挙区制とする公職選挙法改正案をまとめた。自民党などが提出した参院定数を6増する公選法改正案の対案。7月1日の常任役員会で、国会に提出するかどうかも含めて最終決定する。

 公明党案は現行の比例代表と選挙区を廃止し、全国都道府県を11選挙区(定数8~40、改選数4~20)…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

あわせて読みたい