メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国

済州島にイエメン難民続々 査証なし入国があだに

 【ソウル渋江千春】今年に入り、観光客誘致のため査証(ビザ)なしで入国できる韓国・済州島に渡航し難民認定申請するイエメン人が急増し、韓国政府が対応に追われている。6月1日からイエメンに関して査証なしの入国を認めない措置を取ったが、すでに500人以上が入国。法務省は29日、審査期間の短縮や厳格化などの対応策を発表した。

 イエメンではハディ暫定政権と親イランの反体制派武装組織「フーシ」の間で内戦状態が続いている。こうした中で昨年末にマレーシアのクアラルンプール-済州島間を結ぶ直行便が就航。イエメンから査証なしで入国できるマレーシアを経由し、済州島に入国するルートができ、イエメンからの渡航者が急増した。

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文754文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 保守派バレット氏連邦最高裁判事指名で米国は変わるのか 揺らぐオバマケア、中絶の権利

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです