メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

“奇跡”のタコ占い 7月2日に2代目任命 

「日本代表には活躍してほしい」とミズダコを手にする漁師の阿部喜三男さん=北海道小平町臼谷の漁港で2018年6月29日、渡部宏人撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表が2大会ぶり3回目の決勝トーナメントを決め、北海道小平(おびら)町のミズダコ「ラビオ君」が7月2日、日本の勝敗を予想する。初代は過去3試合の結果をすべて的中させて力尽きたため、ポーランド戦を前に出荷。2代目は決勝トーナメント戦(3日未明)前日に水揚げされたミズダコから任命し、試合の勝敗を占う。

 初代ラビオ君は、2010年W杯で計8試合を的中させたドイツのタコ「パウル君」を参考に、同町の漁師、阿部喜三男さん(51)が19日に水揚げしたタコを命名。占いでは1次リーグ全3試合を当て、インターネット上で「半端ない」「奇跡のタコ」とたたえられた。しかし27日までに、動きが鈍くなり、ゆでて出荷された。

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. センチュリーなど1000万円超高級車、12県が所有 山口は2000万円現行モデル

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです