働き方改革法成立

「高プロ」不安、裁量ない…労働者の声

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
働き方改革関連法が与党などの賛成多数で可決、成立した参院本会議=国会内で2018年6月29日、川田雅浩撮影
働き方改革関連法が与党などの賛成多数で可決、成立した参院本会議=国会内で2018年6月29日、川田雅浩撮影

 働き方改革関連法が29日、成立した。残業時間の上限規制や非正規労働者の待遇改善など、企業にとっては規制が強化されるが、高収入の一部専門職を労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)を導入する規制緩和策も盛り込まれた。労働者はそれぞれの立場から、成立をどう受け止めたのか。【市川明代】

 「会社は絶対に高プロを適用してくると思います」。東京都内の外資系IT企業で働くシステムエンジニアの男性(53)は言う。「年収要件が引き下げられ、対象が拡大したら体を壊す人が増えるでしょう。責任感のある誠実な人間ほど、無理をしてしまうんです」

この記事は有料記事です。

残り1134文字(全文1406文字)

あわせて読みたい

ニュース特集