メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪北部地震

老朽水道管で被害相次ぐ 府で40年超3割

水道管が破裂し、水があふれた現場=大阪府高槻市で2018年6月18日午前9時25分、本社ヘリから中村良弘撮影

 大阪北部地震では、老朽化した水道管の破断のため大阪府高槻市で最大約8万6000世帯が断水するなど水道の被害が相次いだ。大阪府は法定耐用年数の40年を超えた老朽管の割合がおよそ3割を占め、全国ワースト。耐震性が確保された主要水道管の割合も4割に満たない。南海トラフ巨大地震への対応が迫られる中、市町村は耐震管へ更新を進めるが、多額の費用が立ちはだかる。【真野敏幸、山口知、松本紫帆】

 18日の地震では、大阪府高槻市と吹田市で水道管が破断し、道路が冠水した。この影響で、高槻市では19日未明まで最大約8万6000世帯が、箕面市でも同日午前まで約8600世帯が断水した。大阪市を除く府内42市町村に水を供給する大阪広域水道企業団(貯水池から各戸への水道管は市町が管理)によると、破断した水道管はいずれも40年以上前に埋設されたもので、耐震化もされていなかった。

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1220文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. 「学長人事にも適用されかねない」 苅部直氏が指摘する任命拒否の「最大の問題」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです