メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

球回しは"勇気ある"ゲーム理論で分析

【日本-ポーランド】決勝トーナメント進出を決めて選手たちと喜ぶ西野監督(右端)=ロシア・ボルゴグラードで2018年6月28日、長谷川直亮撮影

 28日のサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会のポーランド戦で、日本代表が試合終了間際の約10分間、自陣でボールを回して時間を稼いだことに対し、人々の賛否は真っ二つに割れている。果たして西野朗監督の戦術は正しかったのか。複雑な利害関係の中で取るべき選択肢を数学的に分析する「ゲーム理論」の専門家に聞いた。【大村健一/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1213文字(全文1387文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

  5. 首相、1日で要人23人と「マラソン会談」 即位の礼「祝賀外交」始まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです