メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
出版

がんで悩む親へ本 子どもへの伝え方など解説 医療ソーシャルワーカー・大沢さん /東京

 がんになった親とその子どもを支援するNPO法人「Hope Tree(ホープツリー)」代表理事で、東京共済病院(目黒区)医療ソーシャルワーカーの大沢かおりさん(51)が、著書「がんになった親が子どもにしてあげられること」(ポプラ社、1404円)を出版した。「困っているけれど、相談相手がいない患者や家族に情報を届けたい」と話している。【川上珠実】

 親ががんになった子どもへのケアは、国内ではまだ十分ではない。このため、医療ソーシャルワーカーや臨床…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文594文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです