メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東名あおり「危険運転」認める 懲役18年
出版

がんで悩む親へ本 子どもへの伝え方など解説 医療ソーシャルワーカー・大沢さん /東京

 がんになった親とその子どもを支援するNPO法人「Hope Tree(ホープツリー)」代表理事で、東京共済病院(目黒区)医療ソーシャルワーカーの大沢かおりさん(51)が、著書「がんになった親が子どもにしてあげられること」(ポプラ社、1404円)を出版した。「困っているけれど、相談相手がいない患者や家族に情報を届けたい」と話している。【川上珠実】

 親ががんになった子どもへのケアは、国内ではまだ十分ではない。このため、医療ソーシャルワーカーや臨床…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文594文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです