メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名張毒ぶどう酒事件

南山大生学ぶ 法学部の12人、現地訪れ /愛知

 三重県名張市で1961年、農薬入りのぶどう酒を飲んだ女性5人が死亡した名張毒ぶどう酒事件を学ぶため、南山大学(名古屋市昭和区)法学部の学生12人が30日、事件の舞台となった名張市の集落を訪れた。

 12人は同大の菅原真教授の憲法ゼミ生で、昨年から同事件をテーマに現地学習会を開き、再審の問題などについて学んでいる。名張市葛尾地区を訪れ、ぶどう酒が運ばれたルートや事件現場となった公民館跡地などを歩いた。奥西勝・元死刑囚(故人)の弁護団メンバーから犯行を認定した判決の問題点などについても説明を受け、学生たちはメモを取ったり、スマートフォンで写真を撮った…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  4. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
  5. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです