第100回全国高校野球

東・西愛知大会 開幕 初タイブレーク、桜台制す 天白は大勝 /愛知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第100回全国高校野球選手権記念東・西愛知大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)が30日、名古屋市瑞穂区のパロマ瑞穂野球場で開幕した。第100回を記念し、186校が東西に分かれて戦い、各優勝校が甲子園に出場する。

 両大会総合開会式では、誉の水野魁人(かいと)主将が「高校球児らしく最後まで全力で戦うことを誓います」と選手宣誓した。

 式後、西大会の1回戦2試合が行われ、第2試合では桜台が夏の大会に初導入されたタイブレーク制度で勝利した。【高井瞳】

この記事は有料記事です。

残り1065文字(全文1289文字)

あわせて読みたい