メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

「追い出しもってのほか」 住宅復興考えるシンポ 神戸 /兵庫

イタリアの災害避難所で提供される食事などをスクリーンに示し日本の避難所との違いを強調する神戸大の塩崎賢明名誉教授=神戸市長田区若松町5の新長田勤労市民センターで、黒川優撮影

 阪神大震災の被災者向け借り上げ復興住宅住民に対して神戸市や西宮市が退去を求めている問題に関連し、災害後の住宅復興について考えるシンポジウム(県震災復興研究センター主催)が30日、神戸市長田区であり、約30人が参加した。塩崎賢明・神戸大名誉教授(都市計画)が日本とイタリアの復興支援を比較し「日本の住宅復興プログラムを根本的に改革すべきだ」と話した。

 塩崎名誉教授は講演で、日本と同様に地震が多いイタリアの被災地の様子を紹介。視察報告によると、イタリ…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文503文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  2. あなたの参院選 1票の価値はベンツ1台分? あなたの1票をお金に換算
  3. 1人の女性を物色か 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです