メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

竹貫古墳群

古墳時代の墳墓2基確認 きょう現地説明会 日高・竹貫 /兵庫

 県教委は先月27日、豊岡市日高町竹貫(たかぬき)の竹貫古墳群で、古墳時代にあたる5世紀後半の墳墓2基を確認した、と発表した。1日午後1時半から、現地説明会が開かれる。

     「竹貫古墳群」は古墳24基からなり、北近畿豊岡自動車道の延伸工事に伴って、このうち、23号墳と24号墳を発掘調査した。

     調査の結果、23号墳は直径約11メートル、高さ約2メートルの円墳、24号墳は約10メートル四方、高さ約1・8メートルの方墳で、それぞれ約3メートル程度の竪穴式石室を確認。24号墳の石室のふたは石製で、中から鉄刀が出土した。23号墳の石室のふたは木製だったとみられる。

     また、近くで鎌倉~室町時代の墓2基も確認。調査担当者は「いずれも被葬者は当時の集落の有力者とみられる。旧日高町内の中世墓の調査例は少なく、この地域の葬送を考えるうえで貴重な資料だ」としている。

     説明会は小雨決行。問い合わせは現地事務所(090・6205・9880)。【高田房二郎】

    〔但馬版〕

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
    2. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる
    3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    4. 選挙 狛江市長選 松原氏が初当選 「即戦力」アピール /東京
    5. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]