メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジビエ加工所

田川発信 ブランド化へ猪国に開所 イノシシとシカ駆除し /福岡

 田川市猪国(いのくに)の市民体験農園で30日、駆除したイノシシとシカを食肉に加工する「ジビエ猪之国」の開所式があった。農産物を食害から守り、ジビエ(野生鳥獣肉)をブランド特産品にする新産業づくりのため、市が事業費3857万円で初めて整備した。1日から本格稼働する。【峰下喜之】

 市産業振興課によると、猪国を含む猪位金地区の稲、大豆、麦の食害被害額は計約196万円(2017年度)。17年4月~18年2月に、被害のある市内3地区で捕獲されたイノシシ197頭のうち、最多の82頭が猪位金だった。食害を減らし、埋設処分している肉を有効利用したい地元の要望を受け、国の地…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  3. 安倍前首相「新薬で体調良好」 細田派パーティーに出席 辞任後初の公の場

  4. 志村けんさん像設置へクラウドファンディング 東京・東村山市、目標2400万円

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです